07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【-DestinyWar-】-09- 

2期Nine`s Story -DestinyWar-

BeforeStory

プロローグ

Story
-01- -02- -03- -04- -05- -06- -07- -08-


-09-
*セリフ改変 セリフ前にキャラ名を書きます、そのためセリフに色付けはしなくなります。

夜が明けた
今日一日は様子を見る日
明日からが俺等の勝機への道となる
昨晩での敵の動きはない
このまま順調に行けば確実に勝利へと繋がる

今日は軍の士気を高め
今一度作戦を確認し、明日に備えることが大事だ
勿論群だけではなく、冒険者全員もだ
俺が見周り休憩で仮眠をとっていた頃
冒険者たちはとっくに鍛練を始めていた

シグマは作戦の確認と弾の調整を...
ハルトは自分の愛銃の手入れと最終調整を...
アクアは精神集中のため座禅を...
ミーアクアが作りだした念分身を相手に組み手を...
シャランは神への祈りとエアトレーニングを...
人それぞれ、明日への準備の仕方は違ったが
皆が見据えているものは全て一緒だった
そう、勝利だけを獲得するために

そしてアイツは・・・


???・・・・・・


ナインこんなとこでなにしてんだよ、クソワイン


ワイン・・・貴様には関係のないことだ、重火器の手入れでもしておけ


ナインこの期に及んでその態度かよ・・・釣れねぇな、まっ精々首取られないようにな
    まだ墓に入るのは速ぇだろ



余計な御世話だと言わんばかりの形相でこちらを睨みつけると
彼はそのまま黙祷を続けた
戦争で死んでいった親族達へ
これから全てを終わらせるという報告を...

不本意だが俺も黙祷をした
お世話になったという敬意を込めて
だが決定的に違うのは...
血が繋がっていない親族達だからだ
だから感謝するもなにも、ワインとは天と地の差ぐらい違った
正直な話、これぽっちも感謝していなかった
むしろ憎んでいたのが正解だ。
だから俺はこの人達が死んだときに
戻ってこなかった...それを彼は恨んでいるのかもしれない

そんな話はもうどうでもいい
消えてしまったものは戻ってこない
なら成果をだして、仇を取るまでだ
ジャックの分まで

黙祷を終え、足早に墓から立ち去ろうとした時
珍しくワインから声をかけられた


ワイン・・・ナイン、次の戦は...俺も出る、誰にも文句は言わせない


総大将とはとてもじゃないが思えない発言
わざわざ首を取られに行くのか?
そんなことをすれば士気が低下するにきまっているじゃないか
いい返す前に彼は続けて言った


ワイン・・・勘違いはするな、ただ俺はこの戦を終わらせたいだけだ


それを聞いた俺は安心した
なんだ・・・いつものお前じゃないか
俺はそれだけ聞き、最終調整の為戻った

全てが終わった時
一体どんな未来が待っているのか
今の俺達には創造できない
だが今がある限り、それは不可能なことじゃない
きっと全員生きて帰れる
皆無事で、笑顔で終戦を迎えることができるはずだ

その思いを胸に、重火器を入念に整備した

To Be Continued... ....-10-.....
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012/03/19 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/109-45ddee17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。