07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

主人公固定で妙な大冒険をしてみる新境地 


新境地初の試み
はかのした様】よりお勧めされた物なので
ぜひやってみたいと思います

それではやって参りましょう
主人公固定で妙な大冒険をしてみる新境地



主人公固定で妙な大冒険をしてみる新境地


※キャラ崩壊の可能性を十二分に含んでおります。ネタをネタとしてお楽しみ頂ける方向け。
しかも長くてめんどくさいです。




まずは主人公をお決めください。

【主人公(1)】…アロン

次に以下の番号に浮かんだキャラを自由な感じで入れてください。

2:ヘブニクス
3:チャズ
4:ダイド
5:ラファエルロット
6:チェズ
7:ワイン
8:ヌーネ
9:ナイン
10:ピザロ




それでは妙な大冒険に出発です。




・ある朝、(1:アロン)が目を覚ますと枕元に手紙があった。毒々しい色の便箋には『(7:ワイン)は預かった。返して欲しくば1人で(9:ナイン)城まで来い』と蛍光ペンで書いてある。
解読に時間を要したが、確かにこれは(9:ナイン)の字だった。

アロン「えっ、誰?ってか字汚いな・・・」

・顔を洗い、歯を磨き、朝食の後にコーヒーを飲んでテレビの占いまでチェックした(1:アロン)は、靴ひもが縦結びなのを気にしながら(9:ナイン)城へ向かう為に玄関を開ける。そこには何故か(3:チャズ)が居た。
(3:チャズ)は何かを伝えようと、超至近距離なのも気にせず必死でジェスチャーを送ってくる。

チャズ「(最近熱い!)」
 アロン「・・・いやお前のせいだろ」

・(3:チャズ)と別れて道を歩き出す(1:アロン)。今夜のおかずの品数を思い描いていると、曲がり角で飛び出してきた(10:ピザロ)と激突し30メートル近く吹っ飛んだ。
(10:ピザロ)は、とある理由で物凄く急いでいたようだ。

ピザロ「綺麗な人見つけたんだから邪魔しないで」
 アロン「ッ痛・・・なんだあれ」
 
・したたかにぶつけた場所を擦りながらよろよろと歩く(1:アロン)。すると前方から自転車が猛スピードで向かって来る。(4:ダイド)だ。
(4:ダイド)「(9:ナイン)城? ムリムリ、歩きなら14時間かかるよ。コレなら15分で着くけど、10万円でどう?」

アロン「・・・負けろよ」
 ダイド「・・・断る・・・」

・自転車を手に入れた(1:アロン)は、サイクリングがてら川沿いの道をのんびり走る。やがて右手に大きな橋が見えてきた。
橋のたもとでは、(5:ラファエルロット)が超爽やかな笑顔で『こちら(9:ナイン)城入り口』と書かれたプラカードを持っている。信じるべきか否か…どうしよう。

アロン「なにしてるんですか貴方は・・・」
 ラファエルロット「お仕事です(ニコニコ)」

・選んだ先の道には『自転車乗り入れ禁止』の看板が。振り返って良く見てみると、もうひとつの道にも同じ看板が立っている。頭の中に蘇る(4:ダイド)は邪悪な笑みを浮かべていた。

アロン「(・・・財布ごと持っていかれたんだった)」

・(1:アロン)は仕方なく徒歩で行く事に。しばらく歩いていくと、『受付』と書かれた白いテントが道を塞いでいた。
パイプ椅子に座る案内人の腕章をした(8:ヌーネ)によると、(9:ナイン)城へ入るには4つのスタンプを集める必要があるらしい。受付票に記入を済ませると、営業スマイルを浮かべた(8:ヌーネ)がスタンプラリーの手引きをくれた。

ヌーネ「頑張ってくださいね」
 アロン「あ、あぁ・・・」

・手引きを見ながらスタンプを探す(1:アロン)。命懸けで火の中、水の中、草の中の3つを集めたが、残る1つがどうしても発見出来ない。
途方に暮れて空を仰いだその時、明らかに乗せるのを嫌がっている白馬に跨った(6:チェズ)が颯爽と現れた。
(6:チェズ)「火の中、水の中、草の中とくれば、あとは?」

アロン「雲の中」
 チェズ「こおっちゃいなよ・・・」

・堪忍袋の緒が切れた白馬に翻弄される(6:チェズ)を見送って、ヒントを元に森の中へ。木に赤ペンキで書かれた矢印に沿って歩を進めると、巨大な木に吊された最後のスタンプを発見した。
コンプリートを喜ぶ(1:アロン)は、賞品を貰う為に浮かれた足取りで(8:ヌーネ)の元に向かう。大切な何かはすっかり忘れ去られているようだ。

チェズ「・・・僕の分もね」
 アロン「お、おう」

・森の出口を抜けようとした(1:アロン)は、何かに引っ掛かって派手にすっ転ぶ。見てみると、目に痛いレベルな真っピンクのツタが足首に絡まっていた。
ツタはまるで生き物のように足を這い上がってくる。大ピンチ。絶対絶命の危機。パニックに陥った(1:アロン)は、何故かふと頭に浮かんだ(2:ヘブニクス)の名前を叫んだ。

アロン「ッグ!ヘブニクスーッ!」

・(3:チャズ)(5:ラファエルロット)(10:ピザロ)「呼んだ?」

アロン「お呼びじゃない!」

・(4:ダイド)(6:チェズ)「呼んだ?」

アロン「無口二人組じゃない!」

・(2:ヘブニクス)「あれ…? 呼ばれたような気がしたんだけど、勘違いだったみたい…。ヤバい超恥ずかしい! ノコノコ出てきてすいません!」

アロン「いやお前だよ!」

・何とか引き止めた(2:ヘブニクス)の高枝切りバサミでかろうじて難を逃れた(1:アロン)。しかし今の出来事で完全にビビった(1:アロン)は、6人のうちの誰かを連れて行く事にする。誰にしよう。

⇒【お供(a)】…ヘブニクス

・お供(a:ヘブニクス)が出来た事でテンションがだだ上がりし、意気揚々と受付へ戻る(1:アロン)。(8:ヌーネ)はスタンプを確認し、賞品として『鼻めがね』『釘バット』『漫画の単行本についていた帯』を差し出した。
貰えるのは1つだけ。どれを選ぼうか。

ヘブニクス「お前は危ないから『釘バット』もらっとけ」
 アロン「あ、あぁ・・・(嬉しくねぇ)」

・遂に(9:ナイン)城へ辿り着いた2人。スタンプラリーの賞品を掲げると扉は簡単に開いた。
大広間で待っていた(9:ナイン)は、不敵に笑って(1:アロン)に剣を向ける。
「さあ、殺し合いをしようじゃないか」

アロン「いや、だから誰だよお前」

・(1:アロン)の持ち物はさっきの賞品ただ1つ。(9:ナイン)の攻撃を紙一重で躱しながらお供に助けを求めるが、(a:ヘブニクス)は足元に寄ってきた(9:ナイン)のペットの豆柴に夢中だ。
(1:アロン)「駄目だコイツ…。誰だよコイツ選んだの!」

アロン「あぁ!俺だった!」

・お供は頼りにならないし自分が何とかするしかない。追い詰められた(1:アロン)は、危険過ぎて封印していた伝説の技を使った。
「くらえ! キングオブ(1:アロン)クラッシュアターック!!」

アロン「(我ながらセンスねぇ!)」

・辺りを包んでいたまばゆい光が消えると、(a:ヘブニクス)は瓦礫の中で豆柴を抱えて一人立ち惚けていた。(1:アロン)の姿も(9:ナイン)の姿も無い。すると、足元の瓦礫が動いて(7:ワイン)が自力で這い出してきた。
2人は対面を果たし、それぞれの居るべき場所へと戻って行った。

ワイン「・・・これ俺いるのか?」
 ヘブニクス「さぁ?」

・(1:アロン)「────という夢を見たんだ」
(9:ナイン)「くっだらねぇwwww」

ピザロ「お姉さん'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ」




お疲れさまでした。






------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=49890
------------------

皆個性的すぎますねww
凄い面白い感じできたので
初めての新境地にしては上出来だったんじゃないかと思いますw
多少見にくい点もあると思いますが
楽しんでいただけたならば幸いです

See you


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012/04/03 Tue. 13:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/129-8801e86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。