09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

~light story~【in FROLIA】 -前編- 

*FLORIA についてはこちら

10.jpg  13.jpg


          【Airの惨劇】
.....

ある日の昼頃、彼はまた懲りずに城内へお忍びという名目で侵入していた。
勿論許可などあるはずもなく、お得意の【エアモード(彼曰く【イケメンモード】)を駆使して、城門を潜り抜けると真っ先に国王ミカドにちょっかいを出しに行く。
呆れた事に、エアは毎日の日課ともいって良いくらい頻繁に城を訪れている。

彼はいつもどおりにお目当ての人を探し当て、側近であるイヴミカドと会話をしているのにもかかわらず、僕も混ぜて混ぜてと言わんばかりに二人に近づいて行った。

「な~んの話をしてるんだ~い」
空気も読まず陽気に二人の間に入って行こうとしたが、横にいたイヴはそれを許そうとしなかった。
「貴様、懲りずになにをしにきた」 
エアから言わせれば聞きあきた言葉である
面倒なことからはとっとと逃げてしまうのがエアの主義、情け無い事にイヴから言葉を発せられたと同時に【エアモード】に戻り部屋から出て行った。

「全く...いつも邪魔ばかりしにきて、陛下からもなにか言ってやってください」
イライラしながらイヴミカドに嘆いた。
「まぁ・・・許してやれよ」ミカドは面白がるように答えた。


「ははっ君綺麗だね~!このカッコイイ王子と一緒に踊らないかい?」
そんなことも知らないエアは、懲りずに城内にいる女性達にヘラヘラと声をかけていた

この時は、エアは自分に訪れる惨劇を
まだ知るよしもない...


.....

その日の夜、三従士の寝室のほうから
嫌な音が聞こえてくる...
ガツンッガツンッボソボソッガツンッガツンッ


その音は深夜の城内に響き渡る
この音は一体どこから聞こえるのか・・・


やがてこの音に痺れを切らした
ミカド三従士の眠る二階に下りた

モナ・・・なわけないし、ジャック・・・も・・ないな、っとなると・・・あいつしかいないよなぁ・・・?」
恐る恐るジャックの部屋の右隣りの“イヴ”の部屋に足を運んだ
ミカドは軽くノックをした
「おーい、入るぞー」
3分間待ったが返事がない、聞こえてないようだ...
鍵が空いていることを確認すると、そろりと入ってみた、そこにはイヴの恐ろしい姿があった。
髪はボサボサ、服装は乱れ、いつものイヴではとうていありえないような格好だった。

音の原因は勿論イヴであり、
彼がジャックの部屋側の壁に頭突きをしていたのだ
何度も何度も頭突きをしたような跡があり
壁には血の痕とも疑えるような痕跡があった


「おまっ!なにしてるんだよ!」 ミカドは急いで彼の元にかけよると
彼を壁から引き離した
ミカドから頭突きを止められて
漸くミカドの存在に気付くと
「陛下...起こしてしまいました...か...申し訳...ございません」
と弱々しく吐いた


そうじゃなくて! っとミカドは切り返すと
なぜこういうことをしたのかっと呆れたようにに問うた
はそっとミカドに事の発端を全て話した

-----
聞いた話によると

全ての原因は日頃から陛下に迷惑をかけてるエアが許せず
注意もしているが聞き入れてくれず
毎日毎日ストレスが重なっていく上
エアのいたずらがエスカレートしていったことだという
それが全てこの行動につながったというのだ
-----

全ては理解したミカドにこう言った
「なら、お前に一日だけ俺の力を貸してやる...好きに使え」
は断ろうとしたがミカドはすぐにそういうと部屋を出て行ってしまった

そして次の日へと転じるのである
続く...


phpThumb_generated_thumbnailjpg.jpg
スポンサーサイト
2012/01/05 Thu. 23:55 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

初コメ失礼します><

こんばんは!
ご訪問ありがとうございました♪
そして嬉しすぎるコメントを・・・・!!

実は私も聖誕祭にいらしていた、魅力的なキャラクターが気になり、
何度かお邪魔させていただいてました(笑)

小説が素敵過ぎて引き込まれちゃいました!
キャラクターの個性がとても出ていて・・・!!

ナインさんが私のドストライクですv-10

またお邪魔させて頂きますね!それでは!

ふぉーきー #- | URL | 2012/01/09 22:37 * edit *

Re: 初コメ失礼します><

こちらこそ訪問ありがとうございます!大変嬉しいです
何度かいらしてらしたんですね それだけでも私はとても嬉しいですよ
ナインさんが好きなのですか
中々熱いですよ彼は
ぜひぜひまたいらしてくださいな<(_ _)>

SideNine with Nine&Died #- | URL | 2012/01/11 19:27 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/16-dc65aeae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。