09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Nine&Jack 

今回は小説調ではなく、キャラクターを自由に会話させる回となります
お見苦しい部分はあると思いますが、それでも構わないという方はお付き合いください

Nine2.jpg Jack3.jpg
    Nine           Jack
   *Jackについての詳細は こちら

    【芽生えた友情、そして過去
...
ジャック「そういえばさー、ナイン」

ナイン「んー?どうしたよジャック」

ジャック「もう僕達がFROLIAで出会って早1か月...そろそろナインの生きてた頃のお話しが聞きたいな」

ナインはこちらに来てまだ1カ月、しかし来てから沢山のイベントがあり
交流もあった、そして一番早く打ちとけあったのは同じ重火器使いのジャック

ナイン「随分唐突だな...どうした急に」

ジャック「いやね、最初僕の名前を呼ぶのに戸惑ってた印象があるからさ、過去になにかあったのかなぁなんて」

ナイン「・・・そういやそうだったな、こっちに来た時は随分抵抗があったしな、そろそろお前に話してもいいだろう」

そういってナインはジャックの前にふとあるものを取り出す

ジャック「・・・?これなぁに?随分古びたリボルバーだけど、それとその煙草、いつもナインが吸ってるやつだよね?」

ナイン「・・・煙草もリボルバーも俺の相棒だったやつの形見だよ、なんでか知らねえがここにきてから急に懐かしくなってなー、いてもたってもいられなくなって形見の煙草だけど吸っちまったらこの様だ」

ジャック「そっか、形見なんだ...煙草は同じものを買えるからいいけど、そんなに古いリボルバーを未だに持ち歩いてるってことはとても大事な人だったんだね...ナインと同じ天界の軍人さんだったのかな?」

ナイン「・・・いやあいつは放浪人だったよ、天界に戻って俺が戦争に参加する前に出会った冒険仲間さ、そりゃあ地上であっちこっち暴れまわって印象こそ悪かったが、最後は立派な死に方をしたやつだったよ、でもな、あいつが死んじまったのは俺のせいでもあるんだ」

ジャック「それはどういうことなんだい?」

ここでナインは黙って煙草に火を付け一息ついた
そして煙草を一本吸い終えたところで再び話始めた

ナイン「...俺が戦争に参戦した時は前も言った通り戦況は最悪、すぐにでも自軍が陥落しそうな状態だった。
そんなことも知らずに相棒...【Jack】を戦場に連れてきちまったんだ」

ジャック「っ?!僕と・・・同じ名前?」

ナイン「そうだ、だから俺はお前の名前を知った時に呼ぶのを戸惑ったんだ、今はなんとかなってるけどな、
でもな、時々思い出すんだよ...あいつのこと」

ジャック「あんまり聞いちゃいけないんだろうけど...どういう最後を遂げたの?」

ナイン「・・・あぁ、ジャックは...」

...
ナイン「なんで俺なんかを庇ったんだ!ジャック!こんなとこでお前は死ぬ器じゃねぇ!」

ジャック「・・・ゴフッ まさか奇襲をかけてくるとは思って・・・なかった・・・お前だけでも助か・・・るんだ・・・カハッ いいから・・・お前は撤退しろ・・・」

ナイン「あぁ?!何言ってんだよ!今更一人帰れとか言うんじゃねぇ!散るときは一緒だろ相棒!」

金もなく身寄りもない
ジャックは地上界で死にかけていた
そこをナインが助けた
その恩を大事にしていたジャック
そして...

ジャック「ヘヘッ 最後まで相棒と呼んでもらえて・・・光栄だね・・・ケホッ そういう器じゃねぇけどなぁ・・・まぁ元から一度捨てられてる身だ・・・救ってもらった恩人にはガハッガハッ・・・ゼェ・・・仇で返すわけには・・・いかねぇだろぉおお!」

ナイン「おい!待て!ジャァァアアアアアック.........」

ジャックは最後に一言残し奇襲をかけてきた敵の軍隊に突撃をかけた
結果は相殺だった、辛うじて発見された時は虫の生きであったが
ナインに対し一言だけこう言い残した
“恩返しができてよかった、最高の相棒だったよ...ありがとう”
そして愛用武器の“リボルバー”と常に吸っていた“煙草”を授けた

その後ナインは総隊長となる これはまた別のお話し

...
ナイン「あいつは最後まで誇りと恩だけは忘れなかった、奇襲をかけられた時は俺はもうダメだと思った、だけどなあいつが全てかばったんだよ、その時俺はなにもできなかったんだ...」

ジャック「そっか・・・でもとても仲間思いで良い人だったんだね」

ナイン「あぁ・・・あいつがいたから今の俺がある、大事な相棒だったよ」

ナインにはそんな辛い辛い過去があった
それでも今ここでしっかりと大地を踏みしめている
一度死んではいるものの共に戦った仲間のことは忘れない
そんな熱い男である

ナイン「・・・それでも俺はこの煙草を吸うことをやめられねぇ、なんでだろうな・・・ヘヘッ」

ジャック「ナインはそのままが一番だよ!これからもよろしくね」

ナイン「勿論だジャック、お前はこれからも(今後も)俺の相棒だ」


悲しくも今後を明るく捉えるナイン
そしてナインの過去を知ったジャック
どちらも複雑な気持ちではあると思うが
友情を誓いあった仲には変わりなく
今後もこの二人はずっと絡んでいくこととなる
大切な仲間であり“相棒”である。



如何でしたでしょうか
幾らか詰め込みすぎた感やアヤフヤ感はあると思いますが
精一杯頑張って書きました
またこの話を書こうと思った経緯は
前々から【ジャック】という名前が被っていたこと
決して登場することのないキャラでしたが、こんな形で登場するとは思ってもいなかったから
ぜひこの機会にと思いやってみました。私の中での公式的な設定でも
【ジャック】は死んでいることになってますから筋は通ってますね

書いてみた感想は
キャラ同士の会話は非常に簡単ですが、このキャラの発言的におかしいな
と思う部分や、長すぎるときの区切りとかに苦労しましたかね
もっと多人数キャラで管理をしている方のところは毎回凄いなぁと感心しております
もっと見習うべきですね
次回はもっと良い物を書けるように頑張ります!

それでは
ご閲覧ありがとうございました

See you

提供
phpThumb_generated_thumbnailjpg.jpg
スポンサーサイト
2012/01/13 Fri. 00:22 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

ジャック『あ、あと言い忘れてたけど煙草とトマトのにおいが混ざって変なにおいする!』

はかのした #- | URL | 2012/01/13 01:01 * edit *

>ジャック

Nine「残念ながらそれはどうしようもないなー、だからって香水は持ってくんなよ!」

SideNine #- | URL | 2012/01/13 01:04 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/32-dedc828d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。