09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Chapter1【Stairs to Heaven 】-02- 

1期Heavens War


プロローグ

Chapter1 【Stairs to Heaven
前回: -01-

-02-

重い足を引きずるようにして進んだ先には
広大な地が広がっている...
土地知識がない自分には珍しくも有
恐怖の根源でもある

得体の知れない物が怖い
あれは一体なんなのだろうか
そういった考えしか頭には浮かんでこない
考えるのにも疲れ果てた俺は
道にあった木陰に腰を下ろした

勢いで脱走したのはいいが...
本当にこんなのでいいのだろうか・・・


正直この先になにがあるのかもわからない
自分にとっては不安しかなかった

パンッ!
自分の足元を勢いよく
なにかが霞めた...弾丸だ
弾が飛んできた方向を賺さず確認した
そこには教団員達が数名こちらを見て
銃を構えていた

皆の者・・・あやつを撃ち殺せ

全く持って透き通ることのない程
濁った声でそう叫んだ
と同時に教団員が持つ銃から勢いよく弾丸が
こちらへ向かって発射される

バシュッバシュッズドッ
急いで立ちあがって逃げるのには遅すぎた
その弾達は確実に俺の体のあちらこちらを
貫き...肉を引き裂き...骨を砕いた...
右足の膝下、左足の太股
脇腹、右肩、そして頭部を霞めた
一瞬で俺の周りは血だらけとなった
視界がグラつく、足が上手く前へと進まない...
このままだと撃たれ死ぬ
逃げないと、やばい
逃げないと逃げないと
逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ...

幾ら願っても両足を撃たれた自分の足は
もうどうしようもないくらい動かなかった
歩くことすらままならなかった

背後から突然声が聞こえた

逃げた奴を生きて返すと思うなよ

先ほど発砲命令をかけた
声の持ち主だった、そしてその声の主は
俺の前まで来た、そして、首を思いっきり掴みかかった

...こいつには見覚えがある
教団員最高幹部の女性
ガント・モシンナ
教団内で1位、2位を争うほど恐ろしい性格を持つ女
過去に教団をやめて逃げた人を何人も殺したらしい

喉、呼吸、体のあちらこちらが虚しく悲鳴をあげている
全てが苦しい、
その際にも俺の首はメキメキと音をたてて少しずつ死へと近づいている
感覚がどんどん鈍っていく、苦しい

だがその時微かに聞こえた音を俺は聞き逃さなかった
カシャン、左腕になにかをハメる音、感覚が鈍っているせいか物をハメられた感触はなかった
我に返った俺は自分の左手を見る
そこに付けられていたのは小型のギロチンだった

なっ...なっ...

女は首を絞めている力を緩めることなく、
ギロチンの取っ手に手をかけた

これは罰なのよ、貴方が教団を裏切った罰
体で償ってもらうわ
ジワジワと苦しんでいくがいいわ


次の瞬間女は取っ手を勢いよく振り下ろした
それと同時に左手から激痛が走った
悲鳴にならないほど歪んだ叫びが口の中で渦巻く
目の前が真っ赤に染まった気がした
体がガタガタと震えているのがわかる
ボトっと勢いよく地面に落ちるなにかの鈍く重い音
1秒1秒がまるで止まって見えるほどゆっくりだった
熱い熱い熱い熱い熱い熱い痛い痛い痛い痛い痛い
もうあるはずのない左手から伝わってくる感覚
まるで溶岩に左手だけを突っ込んでいるような
そして俺は悟った

このままだと死ぬ

なにを思ったかは知らない
最後の力を振り絞って右手に力を入れた
首をつかんでいる女の手を振りほどいた

その時、一斉に周りにいた教団員が血を吹いて倒れた

ぐぅ・・・遅かったか
アロン!逃げろ!最後の力を振り絞って
できるだけ遠くへ逃げろ!


かけつけたのは
俺が行くべき場所を示した
ヘブニクスだった

逃がすか!教団の汚物め
バラバラにしてやる


狂気で狂ったかのような声を発して女は迫りよってくる

足が動かない
なぜ なぜだ
動け 動かないと死ぬ
早く 動け 動け 動け 動け
うごけぇぇぇぇぇ

俺は傷ついた足を持ち上げ
一歩だけ前へと前進をしていた
なくなった左手
そこからの出血が酷い
クラクラする
だがこんなところでなんか
止まっていられない
俺は少しでもいいから前へ前へと進んだ
どれぐらい進んだかわからなくなったころ
追ってがこないことに気付いた
そんなことはどうでもよかった無我夢中で前へ前へと
進むことだけを考えた

そして...
限界が来た
視界が霞む
ここがどこかなんてわからない言われたとおり突き進んだ
俺の人生はこんな形で終わってしまうのか
考えたこともなかった
もうどうでもいい
すべてどうでもいい

出血が止まらない
血の海に浸かっているのか
沈んでいっているのかもわからない
ただとても

暖かかった...

.....-03-へ.....
スポンサーサイト
2012/02/10 Fri. 18:59 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

これは…主人公覚醒フラグ!
モシンナはヒステリックなので脳内で若作りなババアで再生しておく(ぉ

ポポロン #- | URL | 2012/02/10 23:51 * edit *

コメント返信

>ポポロン様
き、貴様は預言者か!
それはお楽しみで!
モシンナさんはモシンナさんで相当やばいですね
ババアというよりかはただ単純にメンヘラなだけかな
この先どのタイミングで出てくるかがカギを握る!

SideNine #- | URL | 2012/02/11 00:02 * edit *

うおおおおぉ!!
続きが気になりまくります!!

とりあえずヘブニクスさん、結婚してください!←

ふぉーきー #- | URL | 2012/02/11 13:32 * edit *

コメント返信

>ふぉーきー様
ありがとうございます(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
続きは月曜までお待ちくだされ!

ヘブニクスさん一番手のご予約ですね どうぞどうぞ←

SideNine #- | URL | 2012/02/12 20:57 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/63-3428ec92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。