05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Chapter2【Outbreak of war】-07-  

1期Heavens War


プロローグ

Chapter1 【Stairs to Heaven
-01- -02- -03-

Chapter2 【Outbreak of war
-04- -05- -06-


-07-
*キャラの台詞部分は強調+キャラカラーにてわかりやすいようにしてあります

宮殿の中も外観と同じように
とても和やかだ

床を一歩一歩踏むことによって自然と変な緊張と不安はどこかへと消えていった

やはりなにか違うものを感じた
妙に懐かしみが有り
怖かった

なにを恐れているわけでもないのに 顔は強ばっていた
中央広間が巨人でも軽々と通れそうな程の廊下から
少しずつ見えてきた

なぜか体が熱い
さきほどまでは怖がっていたはずなのに

顔からはなにかが滴り落ちた


大粒の涙
止まることなく
目から溢れ出ては
頬をつたい床へと落ちていく

ラファエルロットヘブニクスはなにもいわない

なにかを知っているからだろうか
わからない

凄い悲しいわけじゃないのに
悔しいわけでもないのに
ましてや初めてきた
地に懐かしんで泣く

ありえないぐらい伝わらない話
実際に今、自分の体に起きている現象だった

中央広間へと入った時
奥から声が聞こえた


なぜ泣く少年よ
故郷を懐かしんでいるのかね



酷く嗄れた声だったが
はっきりと伝わるぐらい
滑らかな口調で透き通っていた


ラファエルロットヘブニクス
案内ご苦労じゃった



いえ、とんでもございません
私目はただここへ導いただけでございます



誰だかサッパリわからないが
ラファエルロットよりは上の者だと
はっきり読み取れた

そして彼は俺達の前へと姿を現した
姿を現した彼は
まさに老人そのもの
しかし...人とは違うところがあった

彼は俺達の三倍程大きな姿だったのだ


さて...
お主は随分せっかちみたいじゃしのぉ
お主の秘密を明かしてやるかの



大きな彼は
大きく呼吸をし
そしてゆっくりと
口を開いた


....-08-へ.....
スポンサーサイト
2012/03/03 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

続きキタ━━(゚∀゚)━━!!
もう、気になりすぎて一気読みしちゃいましたよ!!

ほ・・本当に天国なんですか!?
秘密とは・・・・!?

またまた続きが気になります!

ふぉーきー #- | URL | 2012/03/13 00:58 * edit *

コメント返信

>ふぉーきー様
一気読み?!ありがとうございます!
結構濁しまくってるので
伏線回収が大変かもしれませんね (。・x・)ゝ
頑張ります!

SideNine #- | URL | 2012/03/13 02:19 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/81-56c6254b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。