07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Chapter2【Outbreak of war】-09-  

1期Heavens War


プロローグ

Chapter1 【Stairs to Heaven
-01- -02- -03-

Chapter2 【Outbreak of war
-04- -05- -06- -07- -08-


-09-
*キャラの台詞部分は強調+キャラカラーにてわかりやすいようにしてあります

まるでタライ回しのようだ

俺が次に連れて行かれた場所
宮殿の地下にある巨大な庭園

そこの中心部には
学校のような建物が聳えていた
周りには小さい天使や
青年くらいの天使が沢山いた


ゴオォォォー
パキパキパキ


庭園の奥ではなぜか
炎柱氷柱が立った


またあの二人ですか
こりませんね・・・
ヘブニクスアロンにここの紹介を頼みます
私はあの二人を見てきますね



ヘブニクスはヘイヘイと返事すると
行こうぜ っと俺に合図をした
こんなとこで悠々としていていいのだろうか
上では一体なにが起きているのだろう
不思議がまた自然と増えていく
前科のようなものがあるため気が気じゃない

するとヘブニクス
こちらを向かずに語りかけてきた


気にすんな
大したことじゃねーよ
それに前みたいなことは二度と引きおこさねぇ



今の自分にとっては物凄く心強い言葉だった


だけどな...この後きっと知ることになる“真実
今のお前にとっちゃ重いかもしれねぇ
でも...
そのことから絶対に目を背けるなよ



それ以外に
彼は余計な事を喋らなかった
それだけでも十分
事の重要さをわからされた


・・・着いたぞ
ここはだなぁ...っ!



ヘブニクスは急に
なにかを避けた
それに続いて再び物が飛んでくる
それは俺の目でも確認できた
炎弾
彼はそれを肩をずらして避けると
飛んできた方向へダガーを投げた

ヒュンッ


うわっと


ダガーが飛んでいった方向からは
顔をひきつらせた子供が姿を現した


あぶねぇじゃねぇか!!


そりゃこっちのセリフだろ
ゴンッ


ヘブニクスの拳が子供の頭に
勢いよく振り下ろされた
いい音かわからないが物凄く響いた

子供の後ろからは
別の子供を抱えて
ラファエルロットが戻ってきた


・・・ラファエルロットさんのお子さんですか?


恐る恐る尋ねてみた
ラファエルロットは首を横に振った


いえ・・・この子達は・・・

To Be Continued... ....-10-.....
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012/03/08 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/90-2d126e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。