07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

A Free Nation Eldegear

Welcome to greet someone! Please stay relaxed.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Chapter2【Outbreak of war】-10-  

1期Heavens War


プロローグ

Chapter1 【Stairs to Heaven
-01- -02- -03-

Chapter2 【Outbreak of war
-04- -05- -06- -07- -08- -09-


-10-
*キャラの台詞部分は強調+キャラカラーにてわかりやすいようにしてあります

ラファエルロットがいいかけた時だった
彼の腕に抱かれていた子とヘブニクスの前にいた子が
勢いよく目の前に飛び出てきてこうこたえた


俺ら(・・・僕ら)
ファイアー ・・・
アイスって言えよ!!


・・・双子なんですよ


ラファエルロットは苦笑いしながら答えた
それにしても息がピッタリ・・・だ?
でも見ていても明らかに他の天使とは違うところがある

体の色、羽、角、爪
どこを見ても天使には似つかわしい姿をしていた
パッと見は悪魔に近いかもしれない


俺はチャズ!
僕は・・・
・・・っ!早く言えよもう!
こいつはチェズって言うんだ!
宜しくな新米!



性格の違いもはっきりわかる
ここまで正反対な双子も珍しいかもしれない

チャズの方は羽が紅く
皮膚の色も若干赤褐色に近い
ところどころに赤い羽毛みたいなものを付けている
先ほどの火の弾も彼が口から放ったものらしい

一方チェズの方は羽が青々しくツララのようにも見える
皮膚は真っ青程ではないが
一般の人で言う顔色が悪いぐらいの色
爪は氷でできているかのように透き通っていた
またこの子も氷を自由に操ることができるらしい


新米ではないですよ
この方は...生徒ではないんです



揃いも揃ってやはり俺を導く者は皆どもる
そこまで肝心なことならいっそサッパリと言ってほしい物だ
だがヘブニクスがあそこまで真剣な顔をして言った事だ
確かに衝撃がでかいのかもしれない...

双子がブーブーいいながらも
俺等は学校らしき建物の中へと入って行った


ようこそ、我がヘブンスクール
お帰りなさいませ!ラファエルロット様!ヘブニクス様!

入り口に入った瞬間、両脇にいた天使に声をかけられた
この二人はここの生徒かなにかなのだろうか
一応学校ではあっていたらしい
なにを学ぶのだろうか
地上界で行われている教育となんら変わりないのだろうか...


立って話すのもなんですし
どこか空いてる教室へ行きましょうか



そう彼は言うと
教室の上にふわふわと浮いている「8-2」という
看板を持つと裏にひっくり返した
するとふわふわと浮いていたものは「使用中」へと文字が変わり
再び元の場所へと浮き戻った

不思議な技術...科学的には解明されないだろう
俺のいた教団でも
かなり怪しい技術が幹部の中では流行っていた
それは勿論俺にも伝わっていた
なぜかは知らないが俺も幹部の一人だったらしい
それはまた別の話だが
一般世間で言う科学技術とは程遠い物が開発されていたらしい

ここにいると不思議と昔のことばかり思い出してしまう
それに加えて嫌なことも思い出してしまう

なぜだろうか・・・未だによくわからない
でもなぜかここにいるだけで心地が良いのだ


ここにいると不思議と謎が解明されていきますよ
それとここで教育をしているのは
学問というよりかは・・・戦闘ですかね



せ・・・戦闘?!


俺は耳を疑った
こんなにも平和そうなところで
戦争かなにかが起きているというのか?
さっきの爆音もそれの一環だというのだろうか?


そうですよ
最近は色々と荒れていますからね
まぁ天使達は昔から武術を学ぶという習慣があるんです
あぁ・・・ただし先ほどの爆音はなにか違った物を感じましたね



・・・もしかすると・・・もしかするかもな


ヘブニクスの一言で俺はまた不安を覚えた
まさか・・・まさかな
その時だ
また爆音が聞こえた
さっきよりも大きい


ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴーン!


建物の外からは悲鳴が聞こえた
爆音も近かった
そんなはずはないはずだ!

俺は思わず部屋を飛び出した!

To Be Continued... ....-11-.....
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012/03/10 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

世界観がすごすぎます!
ヘブンスクール、私も行きたいです!

で・・でも危なそうですね・・!

ふぉーきー #- | URL | 2012/03/13 01:06 * edit *

コメント返信

>ふぉーきー様
本当ですか?ありがとうございます!
天国とか天界っていう響きが凄く好きなんです!

私もぜひヘブンスクールへ行きたいですねw
確かに危険ではありますけれどもw

SideNine #- | URL | 2012/03/13 02:20 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sidenine.blog.fc2.com/tb.php/91-b313a256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。